わきがを悪化・改善してくれる食べ物って何?

a080bae40f45e3885fe3bc7ef3b12cd1_s

わきがも体臭と同じで、何らかの病気が関係していない場合は、食べ物の影響が大きいようです。

特にアルコールやニンニクなどの匂いのキツイ食べ物などで、わきががひどくなります。

わきがを抑えるためには、まずは食べ物を変えてみることをお勧めします。
特に夏の時期は気温が高く、わきがもかなり気になります。

夏はビールやハイボールなど、冷たいアルコールが美味しい季節です。
しかし、飲み過ぎるとそれが体内循環して、わきがとなって出てきます。

わきがは症状がひどくなると、良好な人間関係にも影響してしまいます。
エチケットとして自分の臭いは十分に気をつけたいものです。

 

また、運動不足や不衛生な生活を送っていると、わきがもひどくなります。
運動を行う人は体内循環が良く、汗もさらりとしています。

参考:わきがの原因って何?移るって本当?

しかし、運動不足になると汗をあまり書かない上に、冷や汗に似たベタっとした汗をかくようになります。

こういう汗も体臭の原因になるので気をつけたいものです。

デオドランドスプレーは効果がありますが、一時的なものです。
身体の中から根本的にわきがを治していく必要があります。

食べ物を改善しても効果が見られない場合は、医療機関などで相談してみるのも良い方法です。
原因に合った方法で、早めにわきがを改善していきたいものです。